プロフィール

コヤマスタ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルメン

ぼくはその日酷く疲れ切っていて鉛のような体を引きずるように新宿西口の地下通路を京王線の改札口へと歩いていた。

京王までの地下通路の間にはホームレスのおじさんのダンボールHOUSEが立ち並び、ダンボールの壁面には美大生の描いたサイケな絵が並ぶ。

いつもなら足早に通り過ぎるのだがこの日はなぜか黒山の人だかり。その中心には三味線をかき鳴らす若者が。僕は一瞬にしてた「魂」をワシ掴みにされた。

彼が引く三味線が津軽かどうかも僕には判らないけれども,一瞬東北の冷たい海が見えたような気がした。上手く言えないけれども「物悲しい」音を感じた。激しくかき鳴らす音色になんともいえない悲しみを感じてぼくは急いでその場を離れた

ホームレスの放つすえた臭いと地下特有の色んな所から跳ね返ってくる音で僕はなんだか震えがきてなぜか泣きそうになり慌てて京王線の快速に飛び乗った。


僕は生まれて初めて音楽を聴いて泣きそうになった、幾度となく足を運んだLIVEHOUSEではなくションベン臭い新宿の地下通路で。

多分あれが「ソウルミュージック」だと思う。
スポンサーサイト

Tモに幸多かれ!

この間CNPを見に行った時時間が有ったのでジナと3人でお茶することに

僕はコーヒーのんでTモは紅茶を飲んだ、咳止め服用中だった僕は酷く咽が渇いていて「紅茶くれ!」と横からTモの紅茶をゴクゴク飲んだ・・・

僕は彼の免疫力が強い事を信じて疑わない。肺炎(マイコプラズマ)になんか負けるわけ無いさ

昨日電話でTモに「気付けて!」と言った。「手遅れだよ」とごもっともな意見を頂戴した。潜伏期間は1-2週間らしい。

Tモに幸多かれ!

そして僕は途方に暮れる

本日判明したのですが、私肺炎になっているようです。噂の「SARS」国内第一号かと思いましたが

「マイコプラズマ肺炎」というモノだそうです。

BSデジタルチューナーでも内蔵されてないと可笑しいような病名ですな。って冷静に言ってる場合じゃないですね。養生します。

まずいリズムでベルが鳴る

日記と名がついているので極私的なコトを書いてみたりします。昨日CNPを見にママ2へ行くとき嫁が酷く不機嫌そうでした。「なんでかなー」と思いつつ12時過ぎに帰宅、風呂場で髪の毛を洗っている最中に思い出した!!

・・・「結婚記念日だ!」

そりゃ機嫌も悪くなるわな。ハッハッハー。

時代はめぐる

ここ最近、ボクが中坊ぐらいの頃に流行ったようなパンクが流行っているのか、よく耳にします。J(S)Wのカバーとか歌ってない?誰かが。
前に藤井君の家でアノ当時出てたミュージックビデオ「VO?VOW?・・・思い出せない」を発見して再生してみるとそこには「シェディードールズ(スペルは失念)」が「BAYBAY転がせ」をやってんのみて二人で大ウケしてしまいましたよ。なんか5弦ギター(オープンチューニング?オープンGとか)のヒトいなかったけ? 
 でなにが言いたいかと言うと、最近のそれっぽいの(ガガガとかね)きいてももう自分にピュアさが無くなったのかイマイチ聴く気にならん!っうこと。歌ってる(言ってる)ことが浅薄すぎてね、なんか「真剣10代シャベリバ」のガキを見たときと同じぐらい不愉快になる。なんでかなー、アノ頃ブルハとかビシビシ胸に突き刺さってきてたのに・・・
でも当時「有頂天」のケラ(現ケラリーノ)とかが「やさしさロックなんて大嫌いだ」と発言していたのをよんで共感できなかったが今読んだら「納得」できるかもかも。

ボクは成長したのでしょうか?それともヨゴレたのでしょうか?

日曜日に

映画館で映画を見るのは何年ぶりでしょうか?わざわざ銀座まで見に行った「エピソードⅠ」以来の映画館でした。イオンにて「ボーリングフォーコロンバイン」を。なんかものすごいデカイスクリーンを期待していったのですが、意外に小さく「センシュー」並で少し残念。僕は職業柄普段経験しない空間に入ると壁や天井などの仕上をチェックしてしまい、なかなか本題に集中できないクセがあるのですが今回は開演ギリに行ったのでそんな暇なく逆に集中できました。映画自体は「感動」とか「爽快感」とかからは対極にあるものでなんだか大きな「宿題」を背負わされたみたいな感じがしました。(勉強になったって感じかなぁ?)内容はオスギにでも聞いてみてください。

鶴太郎と私

僕はガキの頃TVジャンキーで「ひょうきん族」を食い入る様に見ていた。今、TVを見ると鶴太郎はなんだか苦虫噛み潰したような顔をして仕立ての良さそうなスーツに身をつつんでご登場だ。彼は自分自身の過去を無い物として扱って欲しいようだ。作務依をきて上手なんだか下手なんだかわからないような魚の絵を書いていたりする。その前はボクサーになりいつのまにかセコンドでTVに写ってたりする。

「あつあつオデン」を食ってたから今があるのではないのか?パッンパッンの銀の衣装でスニーカーブルースを歌っていた鶴ちゃんのほうが「芸術家」を気取った鶴太郎よりは何倍もカッコイイと思います。自分の過去(お笑い芸人)を恥じ入り無かったモノとして生きて行こうとする彼を見て僕は少し残念な気持ちになりチャンネルを静かに代えるのでした。

未来は僕らの手の中

ミュージシャンの皆様、今こそ「愛と平和」をメロにのせて世界に、都市に、町に、廻りの人達に伝えて欲しいと心から思います。それが自分に出来る唯一有効な手段だと信じて。あなた方がやるべき事はデモに参加することでも、ブッシュに手紙を出す事でも、ましてや「人間の盾」としてイラクに利用されに行くことでもなく、一人でも多くの人に「愛や平和」の大切さを再確認させる事です。なにしろあなた方にはその手段を手にしているのですから。

「戦争反対!」と絶対的正義を絶対的安全地帯からふりかざすよりも、「家族や友達の大切さ」を廻りの皆に、自分の子供に、孫に、ひ孫にと気が遠くなるような長さでも繰り返し伝える事のほうが大切だと、ここ最近の各WEBの戦争反対メッセージを見て思いました。

先日グリーンホーンズのライブをみて自分が中高生だった頃のことを思い出しつつ僕が伝えたいメッセージは ...「未来は僕らの手の中」

ジーナ写真展にて

先日友人の開催した写真展においてFじい君とTモのユニット「チューリップス」がLIVEを開催すると言うので行って来ました。ここ最近仕事が非常に忙しくこの日も家で仕事をせねばと思いつつやっぱり気になって見に行きました。しばらくしてドアの向こうから杉田(弟)夫婦と三宅君がばらばらと入ってくるのが見えてきた時に僕はチョット震えそうなくらい嬉しかったです。数日前のCNPのライブでは一言も「チューリップス」を見に行くなんて言わないで、お互いに誘い合わせたりもしないのに当然のように現れる皆が好きです。僕らぐらいの年になると徐々に仕事や家庭に忙しく疎遠になっていくものですが、事実普段の日に連絡しあったり集まったりはしない間柄ですが、こんな時にスっと集まってくる最高のヤツラだとしみじみ思いました。(歳かな?)
そんでもってここ最近は通勤途中に「チューリップス」の昔のデモテを聞きながら通勤してます。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。