プロフィール

コヤマスタ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モブログが使えない

このブログには携帯からUPする機能(モブログ)があり、雪が降った日に丁度香川に仕事で出掛けていたので雪の香川を携帯から投稿したのですが全く反映されてません(泣)これじゃぁちょっとつかいずらいなぁ、乗り換えか?
スポンサーサイト

先週末

先週末、嫁さんが実家で友達と会う為帰省中なのを利用してF氏のウチでF氏のPCの修理。ADSLは僕が利用した事がないので苦戦して仕方なくサポセンに電話、(テレアフォの姉ちゃんみたいな)うそ臭い声の人につながる。声は嘘くさいけれども非常に丁寧に対応していただきなんとか開通、無事ネットにつながった。途中MTVでやっている車改造番組を2人でみてたのしみつつ。明らかにキャラが違う感じの人の車も全てラッパーが乗るようなド派手な感じに仕上げられていて面白かった。

Kalamazoo

僕が十年近く所有する車はFIAT126FSMという。かなりマイナーな車。
20050219161725.jpg

誰もが一度は目にしているであろうFIAT500(ルパンが乗っている丸いヤツ)の後継車だ。

僕は車やバイクはあまり大げさなヒストリーがない中途半端な時代の自動車が好みだ。なんか薀蓄がうるさいのはカンベンして欲しい。(というより高くて買えない)
立派なヒストリー込みで楽しむ人を否定するつもりはないけど僕は「楽しければ良い」というタイプなのでレースで活躍したとか世界で何台しかないとかはあまり関係がない。


例えて言うならギブソン買わずカラマズー買ってしまうタイプか(←この例え分かり易い?)
(注:Kalamazoo(カラマズー) ギブソンが1933年から1942年にかけて生産した低価格ラインナップのギターブランド。)

【“Kalamazoo”の続きを読む】

轟音暖房機

20050215160119.jpg

僕ん家にもこんな巨大な暖房器具ほしいなと思いました。ボロ家なんで隙間風が酷いので・・・(向こうのおじさんの大きさと比較してください、1.2mぐらいあります)

週末

金曜日
大学時代の友人達と急に集まり飲み会。地酒の店にて。
ポン酒の飲めない僕にはチトつらい。皆の近況報告を聞く。
土曜日
朝一の現場立会で堪らなく寒い。10時より積算の講習
会。終始眠気との戦い。途中Tモ氏より溶接の御願い電
話あり、快諾。日曜日にでも。もう一件友人よりメール
「タ○ホームで家を買かと思うけどどうか?」という
内容。「パッピーライフを送れるんじゃないの」と返信
(商店街の八百屋の親父に「あそこのスーパーのキャ
ベツがここより安いので買おうと思うのだけど新鮮かし
ら?」と聞いたりするのでしょうか?)
日曜日
午前中にTモ夫妻が現れる。あいしゃんのお腹がずいぶ
ん大きくなっていた。溶接をオヤジにやってもらい、僕
が大学時代に乗っていた自転車を進呈する。可愛がって
くださいまし。午後より先日来入院している祖母の所へ
見舞いに、息子と甥っ子を並べて記念?撮影。帰宅後、
プリンタで出力して100均のフレーム(←セコイか?)に
入れて母親に後日病院に持っていくよう依頼、少しは気
が紛れるか?

そのまま甥っ子達と遊び夕刻より友人とお茶しに行く。
ファミレスだと頭の悪いガキが煩いので真っ当な「喫茶
店」にて、そこにも「着歌」を延々試聴?しながらダン
ロードする馬と鹿をくっ付けたような姉ちゃんがいてウ
ンザリする。岡山にも「ルノアール」が欲しい(笑)サ
ラリーマンのオアシスだ。

帰宅後息子と風呂に入り、なんだか疲れたので寝かし付
けながら僕もそのまま寝入る。月曜日の仕事の段取りを
やり損ねる。


お星様になり損ねる

昨日夕方より講習会がありました。いつもは例の赤い上司と一台の車で移動するのですが参加人数が多かったため若者は別の車で移動しました。講習会も終わり後輩と僕はラーメンでも食べて帰ろうと言う事になり僕にはあまり美味しくない金○へ・・・。

ラーメンを食べ終え会社に帰るとなんだか騒然としています。見ると赤い上司が青い顔して座り込んでいました。
他の人が「小山君、なんともなかった?」と言います
「なにが?」と聞き返すと赤い上司が血の気の引く事を語り始めました。

会社の近所まで帰って来た時、いきなり車の前に一人の男が立ちはだかったそうです。両手に日本刀を振りかざして・・・。
「検問じゃー、ブチ殺してやるー」と喚きながら運転席の方へ近づいてきたそうです。しばらく睨みあった後、前が開いた隙に車をダッシュさせ逃げたと、目がいっていたと、そこいらじゅうをぶっ叩いたのか日本刀が曲がっていたと。その後パトカーが駆けつけ現場騒然となっていた事。僕たちは時間がずれていたのと反対方向から会社にアプローチしていたのでパトカーにも気づきませんでした。

そこで僕は急に自分の車が気になり駐車場へ行くと(刃物男自主検問現場近く)、確かにパトカーが数台いて「現場検証」をしておりました。今朝新聞を見ても載ってなかったので誰も怪我人がなかったのだろうけど遅くまで仕事している後輩の女の子はチャリ通勤なのでしばらく怖いだろうと思います。

一緒に帰らなくて良かったー、そんなモンに遭遇したらしばらく夜道が怖いだろうなー。

今日は屋根防水の確認に

今日は屋根の防水材がきちんと施工されているかどうか確認に来ました。吹さらしの足場の上は大変寒かったです。

20050208171319.jpg

直島

Jナ嬢が行った直島の地中美術館にはOPENしてすぐ業界関係者のツアーで僕も行きました。特別に館長さんと施工したゼネコンの担当者が解説してくれて大変面白かったです。モネの睡蓮の部屋の床が大理石(ビアンコカララ)のサイコロみたいになってたのがスゲー金かかっててビビッタ。

直島は僕とCNPベース君が卒業旅行で行った思い出の(笑)島。金の無い僕等はべネッセのホテル(地中美術館を設計した安藤忠雄が設計)には宿泊できず、民宿に泊まり島を巡りました。

地中美術館の他にも「家プロジェクト」など見所が沢山あるので皆さんも一度訪れてはいかかが?

TVが過去最高の飛散量と脅すので

今日会社に行く前に耳鼻科に花粉症の薬をもらいに行きました。去年は幸い薬を飲むほどではなかったので一年ぶりの診察です。先生は開口一番

「小山さんは花粉症としては初期段階の人ですね、去年いくら花粉が少なかったと言っても重症の人は耐えられないはずですから・・・」と仰いました。
僕は今の症状が「初期」ならば重症になったらこれ以上酷いのかとちょっとショックを受けました。ウチの嫁は花粉症ではないので苦しみが分からず、僕が幾ら布団を天日に干すのは止めてくれと懇願しても、「お日様にあてたほうが気持ちいいじゃん」と能天気に?(本人に会った人はお分かりだと思いますが「天然」な人なのです)ほぼ毎日布団を干し、僕は就寝前に布団に付着した花粉によりくしゃみが止まらなくなるのです。

まだ酷くなる可能性があると言うだけで憂鬱な気分になりました。(因みに来週あたりから飛び始めるそうです)

赤く塗り込めろ!

完成が近づいてきた例のマンションのロビーインターフォン(いわゆるオートロック)の操作盤の「台」をどんな感じに仕上げるかを現地を見ながら上司と相談しておりました。僕が用意したデザインではメタリックな塗装を施す予定(金属板で作る予算が無いため(泣))の「胴体」を施工サイドの好意で一部石貼りに出来る事になり、石の重厚さと金属の軽快な感じの組合せでより良いモノになるなぁと思っていたら、横から上司が


上司>小山さん、どうかな塗装部分を赤色なんかに塗るのは?
僕>(速攻で)いや、赤色は無いと思いますよ。(キッパリ)
上司>(うろたえ気味に)まあ、赤は例えじゃがな・・・

上司は技術的なことはキャリアも十分だし的確なアドバイスをくれる良い相談相手なのですが、いかんせん「デザインセンス」が皆無又は絶無というどっちにしたって全否定(笑)な人でどういうわけだかすぐに「赤色(しかも原色)」を塗りたがるこまった人物です。


【“赤く塗り込めろ!”の続きを読む】

徒労感におそわれる

今日、僕が担当した「デザイナーズマンション(笑)」の現場に会議に出席する為出向きました。会議(打合せ)も終わりいつものように現場をチェックしていると・・・またやってくれました(泣)バルコニーの天井(軒天と言います)が指示した色と違う色が塗装されております。(トホホ)早速現場監督さん(工事の責任者)を呼び
僕>この軒天はこの色だったですかね?
監督>いやー・・・スイマセン、間違っております。
僕>もう2階まで塗ってしまってますよね(建物は3階建)?
監督>塗りなおしたほうが良いでしょうか?
僕>んー、本当は塗りなおして欲しいけど工期間に合わないでしょ?
監督>正直厳しいです。


【“徒労感におそわれる”の続きを読む】

UD(トラックメーカーにあらず)

今日は某所で開催されたUDセミナーに参加。
UDとは「ユニバーサルデザイン」の事。初めから誰もが利用しやすいようにする事です。セミナー会場にて配布されたレジュメ(プリント)にない図表や実例はパワーポイントをスクリーンに投影してくれています。

ンがしかし、僕が着席した椅子が遠いからか「良く見えません(泣)」しかも講習会なのに「机」がないのでメモを取るのが困難です。

もう一度再確認ですが・・・UDとは「誰もが利用しやすい」ようにする事です。UDの考え方を教えてくれる「セミナー」にUDの考え方は徹底されておりませんでした。(失笑)僕でも見えにくいのにお歳をめした方はさぞ不便だったでしょう。

人に勧める前にまず自分たちで良くUDについて勉強する事を企画者にお勧めします。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。