プロフィール

コヤマスタ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の言ってることわかりますか?

予想はしていたんですが・・・現場で次々襲い掛かる困難に心が折れそうです。

お施主さんの要求するであろうクオリティはスーパーゼネコンにでも発注しない限りちょっと厳しいなと思ってはいたんです。でも実際は正直いうと中の下くらいのゼネコンになったんです。予算的に。

こと建築に関しては「良いもを安く」というのはあまりあり得るモンじゃないなと常々感じておったのですが今回はそれを痛感しております。

お施主さんの要求するレベルは例えばファミレスに行ってステーキの焼き具合が良くないと怒るようなものです、身も蓋もない言い方ですが。

それでも日々監督さんや職長さんに細々と言わんでも良いようなことまで口うるさく指示して、先回りして用意したほうが良いと思われることは自分で動いて段取りして・・・それでも結局最後は職人さんの手に委ねるしかないというもどかしさ・・・

午前中に「その壁のダクトの開口位置はずらしてほしいとお施主さんからきいてきたので変更お願いします。」と打ち合わせして
午後に顔出すと「すいません、穴開け位置間違いました」と報告に来ます。「ここでいいですね?」じゃなく「間違えて穴開けましたスンマセン」と。もう穴開けたあとに言われて僕にどうしろと?やり直せ!と怒鳴り上げてほしいのでしょうか?午前中に行った打ち合わせはなんだったんだと嘆きながらお施主さんの所に頭を下げに行かねばなりません。

全て自分自身が作業できればこんな幸せなことはないと感じます。
絶対途中で間違えるヤツが混じっている伝言ゲームに強制参加させられている見たいです。
ちゃんと日本語が通じる相手と仕事がしたいです。

「手術には成功したが患者は死にました。」みたいな無力感に襲われています。

現場の屋上スラブの上に馬鹿みたいに抜けた空が浮かんでたのが今日の唯一の幸せかな
RIMG2409.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://koyamaster.blog4.fc2.com/tb.php/179-ba577614

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。